あるき みちにおく ことば


by iceman0560
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

徒然

前へと足を踏み出す
ただひたすらに

頬を伝う汗
雫になって落ちる

なぜ?と思う
まだ?と思う

先の見えない道を
先を信じて進む

何が残るのか
何を得るのか

考えることはもうやめた
今はただ、進むだけ
[PR]
by iceman0560 | 2008-02-15 16:25 | 思考

迷走

”米”

道の多さ故に
迷い、走る

だから

迷走
[PR]
by iceman0560 | 2008-02-07 22:36 | フレーズ

連想ことば



いつかの光が落ちる先

響く声 笑い声

涙雨 朧月夜の

僕の声

囲まれて 囲われて

虚ろの心の先の先

寄りかかる窓辺

映る半透明 胸の中に星空

腕の傷 焼ける痛み

身体が流す赤 雫

吐き出す煙 逃避行

握った手の先 指だけのお姫様

繋いだ鎖 針を盗まれた時計

羽を広げた蝶 目指す灯火

揺れる ゆらゆら

ホワイトノイズ スピーカー

レコードの針はどこに?

僕は歩き出す

トランクと地図

この世界を

歩いている


[PR]
by iceman0560 | 2008-02-07 22:30 | フレーズ

心象風景 Side:A


いつかの流した涙は
どこにある?

いつかの落とした心は
どこにある?

花吹雪舞う空の下
君がくれたもの

君と口を合わせた
小さな永遠

今もこの胸にある
この気持ち

小さな
本当に小さな

カケラになった君は
どこにいる?


[PR]
by iceman0560 | 2008-02-02 11:06 | 書き物