あるき みちにおく ことば


by iceman0560
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

無題

誰かがいなくなったとか
誰かが傷ついたとか

そのたびに
もうたくさんだと思う

けれど、そうしなければ
僕らは前には進めない
[PR]
by iceman0560 | 2005-08-30 22:04 | 書き物

無題

たとえば夢幻だとして
そこに幸せを見出せるのなら

そこで安住しても
悪くないんじゃないかと思う

でも、いつかは歩き出す

どんな楽園であっても
どんな理想郷であっても

そこに満足し続けることは
できないのだから
[PR]
by iceman0560 | 2005-08-27 21:15 | 書き物

願い

涙は風に
想いは空に

高く 高く

消えてゆけ

そしていつか

輝きながら落ちてこい
[PR]
by iceman0560 | 2005-08-22 17:32

手紙

暫く会っていないあなたへ



お元気ですか?

こちらは相変わらずマイペースに過ごしています

もちろん、あなたが言ったように面白い日々ですよ

なかなかこういったものを書く機会がなく、

形式も無茶苦茶ですけど暫く辛抱してお付き合いくださいな



思えばもう会えなくなって何年でしょうね

あなたの顔も声も俺にしては覚えている方だと思います

たまには思い出さないと霞んでしまいますけどね

・・・なんか、殴られそうなので話題を変えましょうか



そうそう、やっと俺も歩き出せそうです

あの日あの場所、いつかの約束

守れなかった分はまた今度会った時にでも返して頂くことにします

いつまでも待っているわけにも行きませんしね

代わりと言ってはなんですが、欠片を置かせていただきました



俺が僕でいるために、あなたがあなたでいるように



では、これ以上書いてもあなたは読まないでしょうからこの辺で



俺とあなたの誓いの証に

         *          *          *

 手紙を置き、男が立ち上がる

「人は流れ、変わっていくのでしょうね」

 口が、声なく言葉を作る

 そのまま手紙を置き、何も言わずに立ち上がる

「さて、そろそろ行きます

 今までのようには来れませんが、ご容赦を」

 今度は声に出し、続ける

「待っててくださいな

 いつか、あなたの元に行く日まで」

 笑顔で墓石に背を向け歩き出す

-------------------------------------

なみだをふいて まえをみた きづけばぼくは わらえてた
[PR]
by iceman0560 | 2005-08-20 00:36 | 書き物

つらつらと

ウダウダ悩んでるのは勿体ないし、仕方ない
そんなことはわかってるんだけど、どうしても考えてしまう

これをすればどうなるとか
これをしとけばいいかとか

初めて見なければ結果なんて確実にはわからないのに
どうしても結果を先に知りたがってしまう

でもきっと、それはそれでいいんだろうなぁ
[PR]
by iceman0560 | 2005-08-18 01:29 | 書き物

記録として

そしてただ、今思うのは
君の横顔と
忘れたはずの後悔
[PR]
by iceman0560 | 2005-08-13 22:27 | 日記

無題

形あるものは壊れる
それがいつかはわからないけど

じゃあ、形のないものは?

たとえばいま抱いてるこの気持ち
これはいつまで残っているものだろう?

考えている自身が消えたとき?
それとも、受け継がれなくなったとき?

たとえば君の事
いつまで覚えていられるだろう?

写真なんて残していない
もちろん、映像も

だんだんぼやけていくのかもしれない
ぼんやりとイメージだけになっていくのかもしれない

そして

いつか、思い出さなくなるときが来るのだろうか?
[PR]
by iceman0560 | 2005-08-09 12:08 | 思考

記憶

想い出はいつも
忘れたくないものから消えていく

記憶いつも
消したくないものから消えていく

だからきっと

人は絵を描くのだろう
思いを忘れないために

人はカメラを持つのだろう
記憶を消さないために

ここにある証
貴方は何か持ってますか?
[PR]
by iceman0560 | 2005-08-03 23:55 | 書き物

無題

それはただ

泣きたくなるくらいに
憧れてしないたくなるくらいに
逃げ出したくなるくらいに
壊したくなるくらいに

綺麗な心

だからこそ
側にいてくれることをとても

誇らしく
嬉しく

思う
[PR]
by iceman0560 | 2005-08-02 00:04 | 日記