あるき みちにおく ことば


by iceman0560
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

徒然

目の前にあるもの
それはいつだって手が届くようで

その手を自分から振り払っていることも多くて
感謝と後悔の繰り返し

それでも途切れないうちはと
求めて前に進むのだ

[PR]
# by iceman0560 | 2018-10-29 22:46 | 思考

徒然

すべては通り過ぎる
歩き続ける限り

ともに歩くこともあるだろう
道が交わることもあるだろう

けれども

午睡の夢、胡蝶
縁とはそういうものだと考える

いつかの君もそうだったのだろうか

[PR]
# by iceman0560 | 2018-10-18 07:49 | 思考

徒然

吐き出した息の重さ

天に向かって吐いた唾は

いつの間にか雲になっていた

奏でるといい

空に歌え

そして落ちていけ

[PR]
# by iceman0560 | 2018-10-14 20:49 | 思考

無題

才能と悪運とセンスで生きてきた
積み上げたのは軽口だけ

本当にそれだけ

でも成果が出せた
そう思っていた

頭を使ってうまく生きることは
本当に正しいのかと考える

生きることも死ぬことも
そう変わりはしない

その結末に納得するかどうか
あるいは理不尽に終わるのか

今はただ先が見たい
歩くことが目的になっていても

手に持ったわずかな小銭を握り

いつか飢えて腐るかもしれない森を
見渡す限り何もないただの砂の荒野を
すべてが終わった後の廃墟の山を
狂気を体現した極彩色のステージを

笑顔を一心に浴びながら
両手で抱きしめるのだ

その意味を考えることなく

きっとこれからもそうしていく

否定されたとしても
馬鹿にされても

迷いながらも決めたのだ

[PR]
# by iceman0560 | 2018-10-14 20:43 | 歪み