あるき みちにおく ことば


by iceman0560
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

自己完結

いつも追いかけていた
小さなヒカリ

それは夕陽の向こうにあって
それは道の向こうにあって

雨の合間の虹とか
雲間からの光とか

そんなもの

それを目指せばいつか
たどり着けると思っていた

いつからか見えなくなっていたヒカリ
いつからか求めなくなったヒカリ

そうやって大きくなっていくんだと
教えられたそのままになった大人の僕

それを悔しいと感じていた僕に思う
そういうことを諭していた大人にはなるな、と
[PR]
by iceman0560 | 2007-07-29 08:26 | 書き物