あるき みちにおく ことば


by iceman0560
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

それは涙を誘って

仕事をサボってあがった屋上
空が広がる風が吹く

こんな風に見上げたのは何年ぶりか

感傷に浸ることをいつしか覚え
懐かしむ過去がいつしかできていた

なぜだろう?

手を伸ばせば掴めそうだった
力いっぱい走れば追いつけそうだった

手や足は伸び
視野も高くなり広がった

こんなにも大きくなったはずなのに
空はあのころより遥かに

高くて、遠い―
by iceman0560 | 2007-06-18 17:31 | フレーズ