あるき みちにおく ことば


by iceman0560
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

華鳥風月

細切れになるまで破り裂き
吐き出した胃液と一緒に
渦に飲ませたラブレター

ぼんやりと硝子越しの視界で見るそれは
舞い散る桜か雪か

風にまかれて舞う華に
風にふかれて舞う雪に

月の晩
鳥鳴く夜のできごと

悲愴に抱かれて見る夢は
深淵に流され記憶のカナタ
[PR]
by iceman0560 | 2006-02-14 00:36 | 書き物