あるき みちにおく ことば


by iceman0560
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

無題

平等とは ある意味最悪の不平等だと思う
自由とは ある意味最悪の束縛だと思う

そう考えると自分とは
ある意味最悪の他人であると思う

コーヒーに砂糖を入れれば甘くなるように
コーヒーに塩は入れないように

そうすることが自然と見せかけられた
自己で定義できる究極の他人

自分の意志でどうにでもなり
自分の望むままに演じられる存在

それは平等であり、自由であり、そして、自分である
(あたりまえの話ではあるけども

ただ、言い換えてしまえばそれ故に

自己の限界以上の可能性は望めず
自己の意識以上の認知はできず
自己の存在以上に干渉もできない

最高で最低の存在
それが、自分

思い立ってみれば手が二つ
歩こうと思えば足が二つ
終わりを恐れれば身は一つ

嗚呼
世界に自分 そのなんと矮小なことか

伸ばした手は何もつかめず
踏みしめた足は足跡さえ刻めず
必死に叫んだ声さえ届かない

嗚呼
それで終わる人のなんと多きこと


けれどそれは「独り」で在るということ


1+1=2、1×1=1ではあるけれど
人と付き合うということはそうじゃない

1+1に
1×1に

君と向き合い 君と共に在ることで
∞の何かを得るということ

今これを見ているあなたなら
1(あなた)+1(誰か)にどれほどの∞が重なるのだろう?

そして それは
きっと世界を変える何かになる

そうすればきっといつか
最悪の他人である隣人は最高のあなたになってるさ

きっとね
[PR]
by iceman0560 | 2006-01-16 15:22 | 思考