あるき みちにおく ことば


by iceman0560
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

無題

顔に穴を一つ増やして
無様に力の抜けた顔

髪の毛は肌にへばりつき
まるで潰れた果実のよう

そして、それを彩るのは、閼伽
むせそうなくらいに濃い匂いと共に

辺りを染める色、色、色
魔法の呪文は実行された

『死ねよ』

この場を支配するのは私
心には笑いだしそうなくらいに膨れ上がった愉悦

その気持ちを抱えたままで
私は手の中のそれをこめかみに当て、引いた
[PR]
by iceman0560 | 2005-12-05 01:14 | 歪み